サラ金とか闇金って?

一時期サラ金や闇金が話題になったことがありましたね。
そもそもサラ金というのはサラリーマンを対象にした「サラリー金融」からこう呼ばれるようになりました。
要はカードローンのように個人で比較的簡単に融資を受けることができるものです。
しかし今のように貸金業法が改正される前には、簡単にお金を貸すことを売りにして後から法外な利息を請求する悪徳業者も多かったのです。
このことからサラ金というと怖いイメージを持ってしまうようになりましたが、現在ではサラ金でも貸金業法に基づき営業しているところが多いので、計画を立てて利用すれば危険なことはありません。
しかし未だに一部では闇金業者も存在しているので、利用する場合は信頼できる業者かどうかを見極めることも大切です。
見分け方として連絡先が携帯電話になっているとか、登録番号を提示していないところです。
番号を提示しても嘘の番号であることも多いので、この場合は貸金業登録番号を管理しているところに確認するのが安心です。